※リベルサス税込価格






 *3mg 30錠 8,490円
   3mg 100錠 23,000円
   
(↑10錠当り2300円

 *
7mg 30錠 14,900円⇐条件有
   (↑10錠当り4967円
 *7mg 30錠 16,900円(条件無し)
   7mg 100錠 45,000円⇐条件有
   (↑10錠当り4500円

 *14mg 30錠 25,000円⇐条件有
 *14mg 30錠 32,000円(条件無し)


 ・(税込+診察料込※)薬料金:
   ↑(※ごく一部例外有)
 
 =診察料は無料
 (一部例外有⇐クリック)
             

******************************

㊟ 条件有とは?
 

※サノレックス、ルセフィ5㍉の
 片方、又は両方を
「当院で」
 合計15000円分以上
 
同時又は過去に処方の方

(但し、↑
上記以外に
 サノレックスもルセフィ5㍉も
 副作用などで使用不可などの方は、

 ①
リベルサス(3・7・14mg組合せ自由)
  だけで計5万円以上
必須+
 ②①に加え組合せの場合
  14㍉40錠以上の場合は、
  
7㍉を14ミリの半数以上同時処方
 の場合に条件有クリアとみなします)

例:リベルサス7㍉100錠
のみ希望時は
条件有扱いで45000円です。

詳細は、7㍉、14㍉の表を御覧ください




*******************

リベルサス
 サノレックス、
 ルセフィ5ミリ、
 デュタステリド価格表
は↓

リベル・サノレ・ルセフィ5・
デュタス価格表

↑↑↑↑
リベルサス他の細かな価格表は↑クリック

*******************

㊟リベルサスは目まぐるしく
 価格が変動します。
 診療前に必ず最新の価
格=このページを確認の上、
診療申込をお願いします。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■最強3剤まとめてセット=
 リベルサス7ミリ100錠
 +サノレックス100錠
 +ルセフィ5ミリ100錠
 計300錠セット

・当院2回目以降で可能
(↑各使用歴ある人のみ)

*通常計119,000円のところ、
 計
110,000円にて処方。

 *消費期限はほぼ2年以上
  (箱に記載)
 *診療費・税込
 *送料実費(620~950円)
 *手持ちの薬を切らしたくない方、
  割引にて購入希望の方、
  圧倒的にコスパがよくなります。
 *もともと100錠単位が圧倒的に
  安いのに、さらに大幅値引き


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆↓リベルサス上記以外価格


■リベルサス3ミリ

・1回の診療で最大100錠まで
(↑リベルサス使用歴ある人のみ)
・リベルサス自体初は最大3mg30錠まで
・↑初の人も7ミリの「追加」可能

*3mg 10錠 4,490円
 ↑初めて試す方や10錠だけ希望等

*3mg 10錠 2,300円
 ↑3mg30錠購入者が
  同時に追加時の追加部分

 =例:3mg40錠=8490+2300
 =10790円


 =例:3mg60錠=8490+2300×3
 =15390円

  =例:3mg80錠=8490+2300×5
  =19990円

*3mg 100錠 23,000円(1箱)

 ↑さらに特別割引価格

 ↑3ミリ10錠あたり2300円

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


■リベルサス7ミリ

・1回の診療で通常最大計60錠まで。
(リベルサス初は最大3mg30錠までも、
 7ミリ追加可能)

*7mg 10錠 8,990円
 ↑初めて試す方や10錠だけ希望等

*7mg 10錠 4,300円⇐条件有
 ↑7mg30錠購入者が
 同時に追加時の追加
部分
 =例:7mg60錠=14900+4300×3
 =27800円

7mg 30錠 14,900円⇐条件有
*7mg 30錠 16,900円(条件無し)

*7mg 100錠 45,000円(1箱)⇐条件有

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


■リベルサス14ミリ

・1回の診療で最大計30錠まで。
(リベルサス初は最大3mg30錠まで)

*14mg 10錠 11,000円⇐条件有
*14mg 10錠 13,000円(条件無し)
 ↑初めて試す方や10錠だけ希望等
 14mgは副作用が強いので、
 10錠からのお試しお勧め
 また、7ミリとの使い分けをお勧め
 (リバウンド時のみ14ミリなど)

*14mg 30錠 25,000円⇐条件有
*14mg 30錠 32,000円(条件無し)

 ※14ミリ使用の注意
 ・ハイリスクです!
 ・14ミリのみの連続使用者は、
  当院では80キロ超のごく一部のみ
  (=少ないです)
 ・14ミリのみのリピート率が高くない
 ・そこそこ重篤な副作用の経験あり
 (特に、3か月以上の
  14ミリのみ連続
使用者)
 ・通常の病院での重症の糖尿病でも
  めったに処方されない

 →標準体重より15キロ超で、
 3剤のうち1つ以上が使えない方で、
 7ミリと交互以下に使う方以外は
 お勧めはしません!

 ・ただし、
 
週に2~4回までで、
 7㍉と交互に服用
などは、
 比較的安全性が高いです。

 ・上記を十分に理解の上
  使用お願いします


・・・・・・・・・・

・多く買うほど安くなり、
 送料も1回分で済みますので、
 使い慣れている方はご検討下さい。

・全て国産正規品のみ取扱
個人輸入品は命の危険⇐クリック)


・リベルサスは1日1回1錠服用薬です。

・服用前・診療前に必ず、
 副作用のページをお読みください。
   (↑クリック!!!)


~~~~~~~~~~~~~~~~~

・オンライン・電話診療可能

オンライン・電話診療の自由診療は
 薬代のみで
 
診察料は無料(※例外有)です。
 →※例外はこちら⇐クリック


・送料ヤマト実費
 (620円~790円位)
 (東京大阪愛知など620円~680円)
 (北海道など一部950円位)

・その他;
 ①電話診療時;
  =振込手数料をご負担ください
 ②オンライン診療時:
  =クロン使用料330円御負担下さい
 (クレジットカード
  ポイントつきます)



 リベルサス錠の自由診療処方は、
 全て電話0545631811
 直接お問合せ下さい。



★富士クリニックのトップページは
 ↓必ず診療前にクリック!!!
 富士クリニック (coocan.jp)

 ↑オンライン・電話診療
 診療日・時間※についても
 詳しくご案内しています。

日曜月曜休診
↑当面
休診日不定期です。
 ホームページのトップの
 カレンダーで確認して下さい



 10時~12時半+13時半~19時診療

12時半~13時半は昼休み

*当院のメールアドレスは、
 fujiclinic119@gmail.com
 です。
 診療後の
 会計のやり取りのみ利用可
能。
 診療に関する問合せには
 利用不可
です(返答しません)


================

 ★各トップページリンク表
 自由診療パソコン版
 自由診療スマホ・携帯版
 保険診療(全般)パソコン版
 保険診療(全般)スマホ・携帯版
 保険診療(内科系のみ)パソコン版
 保険診療(内科系のみ)スマホ・携帯版
 健康長寿と生活習慣病パソコン版
 健康長寿と生活習慣病スマホ・携帯版
 ★各ページリンク表
  診療日カレンダー
 富士クリニックツィッター
 初めての受診方法
・電話やオンライン診療方法
 リベルサスについて
  3剤最大量併用療法
 リベル・サノレ・ルセフィ5・デュタス価格表
 メトホルミンについて
 診療費(無料;例外有)・送料・税
 混雑具合とお詫び



待ち時間のお詫び🙇
 (=特に土・日曜以外)

 

 大変申し訳ありません。

 近年混雑が大変ひどく
 予約制だと全然回らないので、
 電話がかかってきた順に
 折返しの診療となります。

 受付後に折返し電話します。
 ひどい場合は午前中のお電話でも
 当日夕方以降の返信となる
 場合があります。

 もちろん、こちらの返信時に
 都合が悪くても、その後は
 順番は最優先になります。
 折返し電話があれば最優先。
 一度順番が来ればスムーズ!


 特に連休明けの平日
 などが大大混雑します
ので、
 混雑が困る方は、
 土曜日か日曜日にお電話ください。


 なお、受付時にあらかじめ、

 「●時までに電話もらえなければ、
 診察申込は取消したい」

 とのご意向がある場合は
 遠慮なくお伝えいただければ、

 「本日●時までには折返し
 お電話できそうです」
  または、
 「大変申し訳ございません。
  本日●時までの折返し電話は
 難しそうですので 
 では今回は取消にしましょうか?」

 との回答もしやすいので、
 遠慮なくお申し出ください。 

 
===============


★オンライン・電話診療の詳細と
 初めての受診
 方法はこちら


~~~~~~~~~~~~~~~


・糖尿病治療薬の飲み薬
 リベルサスを
 自由診療のみで取扱開始します。


*リベルサス錠
 =初の経口のGLP1受容体作動薬
 =糖尿病治療薬の自由診療


~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆処方の流れ

・最初の10~30日間は3mg、
  それ以降は7mg。
→(7mgへの増量は
 3mg錠で効果が無い場合)
 但し3ミリは効果継続しません!

・7mg使用以降の増量はご相談、
 という飲み方となります。

 ①はじめの10~30日間
  (リベルサス3mg×10~30錠)、
 ②以降は30日間
  (リベルサス7mg×30錠)、
 ③効果不十分な場合は、
  30日間(リベルサス14mg×30錠)
  までは増量可能です。
↑使い慣れたら多めの購入可能!


★リベルサスは、
大変特殊な服用法=飲み方のお薬です
連日の「絶食・絶飲」時間の確保など
十分、ご承知の上ご希望ください。


注意点
*起床後水120㍉リットル以下のみで
 1錠服用
 その後60分以上絶食・絶飲
 (添付文書は30分以上.
  最悪でも30分は絶食絶飲で!)

*2か月以内の妊娠予定者は不可
*2度寝不可!!
↑万が一の低血糖昏睡に気づくため

~~~~~~~~~~~~~~~

===============


◆リベルサスQ&A

■Q:日本での発売はいつからですか?

■A;2021年2月に発売開始したばかりです。

 したがって、
「保険診療の場合」に限っては
対象を重度の糖尿病の患者さんに限定したうえで、
2022年2月までは、
1年に24回も通院しないと処方されないお薬です。
自由診療はこのような制約はありません)。

 どのようなお薬であれ、
発売から1年間は大変注意深く
副作用の情報が収集されます。

 特に「低血糖発作の頻度」などの、
副作用の最新情報に十分な注意を払ってください!


・・・・・・・・・・・・・

■Q:リベルサスは3ミリから7、14ミリに
すぐ増量をしても大丈夫ですか?

■A;他の薬も併用しつつ、
3ミリで効果が無くなってきた方は
7、14ミリをお勧めします。
 3ミリは効果に乏しいので、
早めの7ミリ切替OK!
 ただ3ミリで十分効果がある方、
サノレックスやスーグラ等を
未経験などで全く併用してない方は
すぐに自動的に7、14ミリに移行を
強くお勧めすることはありません

(もちろん、併用できない方等は除きます。)

 また、副作用も3ミリより
7ミリのほうがリスクは少し高まります。

 3ミリ服用経験の全く無い方は、
7ミリから始めることはできません。
 7ミリで副作用がきつい方は、
3ミリに戻すことをお勧めします。


・・・・・・・・・・・・・

■Q:リベルサスは3ミリと7ミリと14ミリを
3種使い分けられますか?

■A;3ミリと7ミリ、14ミリを
日によって使い分けるのは
全く問題ありません

ただし1日のうち、3種の
どちらか一つしか服用できません。

 リバウンドが止まらないときや、
全然体重が減らない停滞期に、
7ミリを連続して服用し、
順調な時は3ミリを服用する。

 週に2回だけ14ミリを使用し、
週に5回は7ミリを使う。

 以上のやり方もOKです。
その他、体重の増減に応じて、
細かく使い分けるのは
全く問題ありません。

 体重の維持だけを目標に、
3ミリだけを週に2~3回だけ
服用するものもOKです。


・・・・・・・・・・・・・


■Q:リベルサスは3ミリや7ミリを
1度に2錠飲んだり、
割ったりして服用
しても
いいですか?

■A;どちらも不可です。
この薬は注射薬を、
超ハイテクでやっと飲めるよう
改良したものです。

したがって、
決められた水=120CC ちょうどで、
1日のうち最も
胃がカラカラの状態のとき、
(=起床直後)
最低30分(可能なら60分)、
胃の中を水とリベルサスだけの状態を
保つことが必須です。

1度に2錠飲んだり、割ったりすると、
胃酸の海を通過させ
最良の状態で吸収させる
有効成分と保護物質の
「絶妙なバランス」が崩れ、
有効成分が破壊され効かなくなります!


・・・・・・・・・・・・・

■Q:リベルサス(3㍉~14㍉等)
だけで、目標の体重減少が
可能ですか?


■A;
以下、当院での現状の大まかな感触です。
リベルサス1年、サノレックス15年、
SGLT2は7年の当院の処方経験の感想です。
結果を保証するものではありません。

リベルサスのみで
 目標達成する方は
 
約3割強
です。
  (=リベルサスのみでは7割は
  目標達成出来ません)

②サノレックスのみで目標達成する方は
 約3割強です。

③SGLT2(ルセフィ、スーグラなど)
 のみで目標達成の方は、
 約3割です。

④上記①~③のうち、
  2つを服用した場合、
 目標達成は5割強ぐらい
です。

⑤①~③の
 3つを最大量服用の場合、
 目標達成は8割ぐらい
です。
 
=要するに、3つとも最大限服用しても
 2割の方は、目標達成できません。

 残念ながら効果が無い場合は、
「手術やライザップなどの
薬以外の手段」
を検討するしかありません。
 ただ、3種服用すれば、
ほぼ8割の方には十分な効果があります。

 3種のうち1種でも服用できないと
非常に不利です。




・・・・・・・・・・・・・

■Q:リベルサスの副作用について、
あるいは服用してはいけない人
について教えてください。

■A:
20人に1人=5%以上で、
悪心(気持ち悪くなる)や下痢
になります。
<特に7ミリや14ミリ>。

その他の副作用は、
こちらを参照下さい。
↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・

■Q:GLP1薬の抗肥満薬としての承認は
諸外国ではどうなっていますか?

■A:GLP-1は、アメリカの
FDA(食品医薬品局)で
2014年に抗肥満薬として認可されています。

また、2015年にはEU欧州連合
(加盟28か国)が認可しております。
さらに、韓国・食品医薬品安全処でも
認可されています。
ただし日本では糖尿病治療薬
としては認可されていますが、
肥満治療薬としては未承認です。


・・・・・・・・・・・・・

■Q;日本糖尿病学会が、
リベルサスを含む
GLP1作動薬の使用に
注意喚起したとのことですが、
どういった内容ですか?

■A;以下のような文書を発出しています。
 服用前に十分、情報収集してください。
 jds_statement_GLP-1.pdf (kyorin.co.jp)



■Q;製造会社の
ノボノルディスク社が、
リベルサスを含む
GLP1作動薬の使用に
注意喚起したとのことですが、
どういった内容ですか?

■A;以下のような文書を発出しています。
 服用前に十分、情報収集してください。

GLP-1受容体作動薬の適正使用に関するお知らせ (novonordisk.co.jp)

000236247.pdf (pmda.go.jp)




・・・・・・・・・・・・・

■Q:リベルサス副作用として、
低血糖発作の可能性が
あるとのことですが、
どのようなもので
どう対処すべきですか?

■A;血糖値が下がると、
頭痛、ふらつき、空腹、発汗、
ふるえ、疲労、脱力感、嘔吐感、
思考力の低下といった症状が生じます。
重度の低血糖では、錯乱、
けいれん発作、昏睡(こんすい)
などの症状がみられます。
酷い低血糖では、脳細胞が死にます。

 低血糖症状には糖を含む
あらゆるものを摂取します。
ドラッグストアで
ブドウ糖を買って持ち歩くか、
手持ちがないうちは、
コーヒー等のスティックシュガーを
持ち歩いて
ください。

詳細は、

低血糖の症状とは?原因・対処法| 知りたい!糖尿病 (diabetes.co.jp)



低血糖 | 糖尿病情報センター (ncgm.go.jp)

などをご参考にどうぞ。

 なお、1週間に1キロ以上
減量すると

低血糖発作をはじめ、
何らかの副作用が起きる確率が
一気に高まる
ような感じがあります。
 また、急激な体重減少は、
免疫低下や
後日のリバウンドにもつながるので、
避けてください。


・・・・・・・・・・・・・

■Q:飲み方が面倒なのですが、
守らないとどうなりますか?

■A:起床後すぐ
 120CCだけの水のみで服用
 +60分以上飲まず食わず


→これを守らず、
飲んだり食べたりすると、
気持ち悪くなって吐いたり、
薬が壊れて全く効果が無い
ことになります。

 また、服用後の二度寝は絶対やめてください。
低血糖で昏睡しても気が付きません!
低血糖かどうかも気が付かなくなります。














=============


3剤併用療法について
(=リベルサス+サノレックス+SGLT2※)


※スーグラ、ルセフィ、フォシーガ等から1種

※さらに詳しくは↓クリック

 3剤最大量併用療法


◆併用できる薬

★食欲抑制剤サノレックス、
★糖排泄剤SGLT2
(スーグラ、ルセフィ)などは、
こちら


★併用について

サノレックス、
スーグラ50mg、
リベルサス、
上記3種併用は可能ですが、
急激な体重減少、
特に「低血糖発作(ふらつき他)」には
厳重注意です。

変だなと思ったら、
すぐ飴をなめたり
砂糖入りジュースを飲んでください。



♦当院では
リベルサス3㍉のみでの
目標達成者は
10~20%前後位、
特に10キロ以上の方は
5~10%位です。
(要するに3㍉単独はほぼ失敗)

♠3㍉のみで開始はOKですが、
行き詰ったら即、
「3剤併用&7㍉へ変更」
を早め早めに検討ください。

❤学習と切替がカギです。



■リベルサス
サノレックス
スーグラ
最強の3種併用可能。

この3種以外の
防風通聖散等漢方
ビタミンB
コエンザイムQ10
等々の効果は全く比較になりません。

まずは予算内の短期集中3種併用を
強く推奨します。


☘ダイエットへの情熱は
長続きしません。
成果が出ないと忘れます。
で、あっという間に半年、1年。
リバウンドにも無関心。

❤3剤最大量の短期集中併用で
一気にカタが付くと、
あとは人格変わります。

↷小出しダラダラグダグダなやり方は
失敗する方が多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☘リベルサス7㍉
(たまに14ミリ)+
サノレックス1日2回+
スーグラ50㍉1日2回
(又はルセフィ5㍉1回)

毎日これだけ服用しても
減量不可なら、
「薬ではダメだ」
「ひとりライザップしかない」
と諦めもつきます。

逆にここまで服用歴が無いなら、
まだまだ打つ手はあります。
3剤検討を!

♠よくある失敗例;
どうしてもリベルサス3㍉だけで始めたい

1か月後、1キロ落ちず

結局、サノレックスやスーグラを
小出しに足したり足さなかったり

途中でやる気と集中力を失い服用もウヤムヤに

あっという間に半年経て当初よりリバウンド

❤やる気のあるうちに短期集中3剤併用を!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10キロ以上希望
 方の服用例


①起床後すぐリベルサス(7ミリ)
②1時間後サノレックス1錠目
 午後3時頃サノレックス2錠目

③午後ルセフィ5ミリ1回

➡停滞でリベルサス14ミリ週2~3回



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■※リベルサス無効時処方例

以下(最大量)をお勧め

 ①サノレックス1日2回各1錠
  +
 ②ルセフィ5mg午後
  +
 ③エゼチミブ1日1錠



■️リベルサス3mgは、
当院では副作用は
ほぼ未経験
7ミリごく少数
14ミリは連続しなければ少数

♠高度肥満以外で
リベルサス14mgを
服用した場合、
低血糖、腸炎など、
副作用の経験有りです

♦7、14mg移行前に、
サノレックス、
ルセフィ5mgの
併用もぜひ検討を❗


■リベルサス、サノレックスは、
食欲抑制で体重減少。
ただ、脂肪以外に筋肉なども無くなり、
痩せ方が虚弱・不健康な場合あり。
その点、スーグラ、ルセフィ等の
SGLT2剤は、
脂肪の元の糖質のみを排泄するので、
痩せ方が健康的で綺麗
です。
3種の組合せがGOOD!


=============


■Q:貴院では、
食欲抑制剤サノレックス
の処方は
いつ頃からなさってますか?

■A:2006年頃から
サノレックス=マジンドールの
処方を行っています。
詳しくは、こちら



■Q:貴院では、
糖質排泄薬SGLT2阻害薬
=ルセフィなど

処方はいつ頃からなさってますか?

■A:2014年頃からスーグラなどの
処方を行っています。
詳しくは、こちら



■Q;サノレックスやルセフィなどと、
リベルサスは併用できますか?

■A;3種併用は可能ですが、
「低血糖発作」には
細心の注意を払ってください!

 特に、リベルサスとSGLT2阻害薬
(スーグラやルセフィなど)を
併用する場合は、
リベルサスは起床後すぐ、
ルセフィ等は午後

(ルセフィ5ミリは午後1回)
など時間を空けて服用してください。
 どちらも血糖値に影響を与える
可能性があるため、
同時刻の服用は避けてください。

 またサノレックスも
リベルサスと起床時同時服用は避け、
リベルサス服用後60分以降に
服用してください。
(困難時は30分でもOK)



■Q:併用可能な3種の長所短所について
教えてください。

■A:
今のところ、当院では、
3種とも価格も効果もほぼ同等です。
従って、3種併用で効果も3倍近い
です。
当院では、大幅な(10キロ以上等)
減量希望の方には、
特に併用をお勧めします。
詳しくはこちら

サノレックス=マジンドール
◎メリット:
・1992年日本で発売開始。
・2006年頃から当院でも
多くの人に処方済み。
・なのでリスクが分かっているし、
大したリスクは無い。
・量の調節可能(1日1~3回:1回1錠)
・服用後8時間ぐらい食欲抑制

×デメリット
・鬱病、不眠症、精神疾患の方は使用不可。
・3カ月使用したら1か月休薬。
・口渇をしばしば経験


スーグラ、ルセフィなど
◎メリット:
・2014年から日本で発売開始。
・糖尿病の最も優れた薬(の一つ)。
・世界中で数千万人服用中。
・余分な糖質だけを尿から排出。
・体脂肪だけを減らして体重減少
・痩せ方が健康的できれい。
・低血糖になりにくい。
・リスクは少ない。
・量の調節可能
(スーグラなら1日4段階可)。
・腎臓病の薬としても認可
(フォシーガ)
・心臓病の薬としても有効研究多数
・この薬は長期連用で
(尿路感染症以外、)
健康に良い話しか出てこない。

当院でのルセフィは通常5ミリです!
2.5ミリではありません。
ルセフィ5ミリは非常に強いお薬です。
しかしSGLT2処方8年の経験により、
2.5より5ミリのほうが効果が圧倒的な割には、
副作用は稀なので、
まずはルセフィ5ミリを推奨してます。

×デメリット
・尿道炎、尿路感染症
 に注意(まれ)。


リベルサス
◎メリット:
・GLP1薬は米国(2014年)、
EU(2015年)、他で
抗肥満薬として認可済み。
・注射薬は実績あり。
・3段階で量の調節可能。
・当院では上記2種と
ほぼ同等の効果あり。
・現時点で、当院でも
3、7ミリの副作用は
かなり少ない


×デメリット
2021年に発売したばかりで、
副作用がよく分からない。
(特に14ミリの連日使用)。
(14ミリは7ミリと交互ならOK)

・上記2種に比べると現段階では
服用者が桁違いに少ない。
・服用法が相当、面倒くさい。
・二度寝禁止。
・ブドウ糖か砂糖を必ず持ち歩く。
・糖尿病学会、メーカーの注意喚起参照。
・低血糖のリスクは、
理論的にもありうるし、実際にも
当院ではルセフィより若干高め。
(ルセフィはほぼ無し)。
・注射の場合は、低血糖は
そこそこ起きている。

・10人に1人で悪心。

・特に14ミリのみ連続は
重症糖尿病か
100キロ超などの重症者以外は
お勧めしません。
・7ミリは可能な限り
早く3ミリに戻すか、
3ミリと併用をお勧め。


■3剤併用療法雑感!
(当院のツィートなどから)

❤「なんだよ、薬効かないよ」の
よくあるパターン。

リベルサス3ミリ
➡7ミリから効く人多い
サノレックス1日1回
➡2回から効く人多い
ルセフィ2.5ミリ
➡5ミリから効く人多い

上記1~2種で効果無し
➡3種類最大量で初めて効く人多い

日頃「非常に多く」経験!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☘3強メモ
①リベルサス3ミリ
=2人に1人は無効。
 7ミリで効きだすも、
単独で目標達成3人に1人

②ルセフィ2.5ミリは、効果低
 5ミリから効果有

③サノレックス1日1回は
 2人に1人は無効。
 1日2回から効く人多

3種全て使用で目標達成8割
単品では3割強

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リベルサス3ミリ1カ月、
 全然効かなかった!」

あるあるです。

薬は効かないまま
1か月も飲み続けない!

➡効果無いなら
ルセフィ、サノレックス追加を
10日以内に追加開始すべきだった!

➡もしくは最初から、
3剤で試行して、
効きすぎだったら(まれ)、
減薬すべきだった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・